2015年05月27日

Phuket Fantasea

image5.JPGimage1.JPGimage6.JPGimage2.JPGimage3.JPGimage4.JPG
今回の旅の一番の目的は
娘に象を見せてあげたい

そして象に乗ること(≧∇≦)

プーケットにある
エレファントライドも色々調べましたがまだまだ二歳児には
ハードルが高いなと。

そこでPhuketと言えば

Phuket Fantasea

旅行前に日本から色々調べ
せっかくなんで良い席で
象のshowを観せてあげたいので
現地でなくちょっと
割高だけど日本から事前に予約しました。

旅行代理店によって金額もまちまち
私が調べた中で一番 信用かつ
安心できそうな所で予約した
某 旅行代理店で2015年 4月当時
英語ドライバー送迎付き
夕食ブッフェに
ゴールドシートのエレファントショー
1人約2300バーツ程。
大人2名に代理店手数料含めても
大体 日本円にして 約二万円ぐらい。
(娘さんは当時二歳児なので膝上で全て無料でした(*^^*) b)

けど会社により同じ内容でも
1人 8千円〜1万円も違う事も(*_*)

現地でもHotelから予約だとかなり割高で
お席もあまり良い席は見込めない様なんで
私は日本から事前予約を
絶対にオススメ致します。

口コミで食事はあんまり…
の内容も多数だったので
ショーのみも考えたのですが
基本ショーが夜しかなく
ピックアップの時間帯もゆとり持って迎えに来てくれるわけではないので
何よりも本来の目的
『象に乗る』
これをしたいならば
食事の内容はうんぬんは置いといて
お金を叩いてでも
食事&ショーにした方が
時間的に絶対に良いかと。

経験上 入場したらさっさと
エレファントライドに向って下さい。
季節にもよるかと思いますが
夕方のピックアップで
到着しチケットを引き換えたりなんかやですぐ夕暮れ。

綺麗に写真に収めたいなら
日が暮れる前の明るめの夕焼けTimeが
ベストショット時です☆

(日が暮れると暗くなり
iPhoneなどの撮影は暗くて
せっかくの写真が真っ暗って
場合も…
ショーの後はさっさと帰る感じの
空気感なんで お気をつけて)

そして園内でお土産をと考えている人は
迷わず先に購入しちゃって下さいね。
荷物になるから後で…は
絶対時間がありません (*_*)

そして園内のエレファントライドは
当時 900バーツ
可愛く衣装を着用した象に
乗り園内を歩いてくれます。
象使いのお兄さんにデジカメとiPhoneを託して
何ヶ所か撮影スポットで
写真撮影をしてくれます。
これは絶対に良い記念になるので
象乗りはオススメです
*・゜゜・*:.。..。.:*・'(*゜▽゜*)'・*:.。. .。.:*・゜゜・*
ビビりの娘さん
動物園で遠くから見る象は好きでもあんな大きな動物を
目の前にしたら間違いなく
乗車拒否するだろうかと
もう何ヶ所も前から沢山の
象の絵本読み聞かせたり、サーカスショーのDVD観せたり
絵を描いて説明したり…

母の絶え間ない事前準備と努力実り
娘様 大喜びで無事笑顔で
乗ってくれました☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆

象に食事を与える事も出来て
(料金は忘れちゃいました…)
最初やる気マンマンで
あげてたのですがどうも
鼻が手に当たったご様子で
1度で終了でしたが
これまた良い思い出。
素晴らしい成長をみせてくれました。

そしてキンキラキンのゴールドの宝飾が豪華絢爛な
ゴールデン キンナリーのブッフェで食事。
まぁ 大きなホールで4000人は収容出来るレストランなんで
色々な国の沢山のお客様が
てんやわんやでした。

何だかシーフードのグレードアップするコースがあるらしく
せっかくだからとランクアップしようと考えてましたが
口コミにもあり食事にあまり期待はするのはやめておこうと
通常の食事にしたのですが
グレードアップした特別室は更にキラキラな宮殿を
意識したお部屋で外からも
チラ見出来るのでグレードアップしなくとも見るだけでも十分楽しめました。

さてさてエレファントショーでしたが
娘様が見やすいようにと
ゴールドシートを取ったのですが
まさかのショー始まり五分で撃沈…
お昼寝をちゃんと計算した
つもりなのにぃぃぃぃ_| ̄|○…

まぁ親の思い通りにはなかなか
ならないものです。
寝てる娘を抱っこしつつ
ゆっくり夫婦でショーを鑑賞しました。
ショー中は撮影は禁止なので
カメラやビデオ、携帯などは預ける事になります。
そしてショー中は冷房が寒かったりしますので羽織りは必須です。
特に子連れは…

またショーが終わり帰りは
預けた品をピックアップがかなり
混雑し、帰りの送りハイヤーもえらく芋洗い状態でごった返します。

ネットにあまり情報がなかったのですが私が一番感じたのは
子連れの場合
バギーを持って行こうと考えている方は多いと思いますが
大型バギーで行くのはオススメしません。
コンパクトに小さく畳める軽量バギーでないとキツイかも…

普段 私はAir buggyを愛用しておりますが、
旅行用に軽量バギーにシフトしましたが大正解。
Airbuggyだったらたたんでも
乗せられない
もしくは無理やり乗車してもまわりの方にご迷惑をかけ
地獄だったろうなぁ〜と…
時期にもよるのかもですが行く予定の方はご参考までに。

















iPhoneから送信
posted by migita mayumi at 14:07| Comment(0) | 日記